日常を科学したい

日常を科学したい

理系ママが、日常生活のなかの理科雑学について、ちょっと詳しく書いています。

こどものあたりまえに驚いた私の心は汚れていたようだ。

 小学生低学年の長男は屁理屈屋です。空気を読むとか苦手なタイプです。

先日、長男と私はEテレの番組をみていました。

道徳系の番組で、「ありがとうの大切さ」がテーマの回でした。「ありがとうって言えないと、どうなるかなぁぁぁ?」個性派俳優さんが踊りながら問題を提示し、子役の男の子と一緒に考えていきます。じつにわかりやすい。

『ありがとうっていえないと、相手をかなしませるね。』子役の男の子のセリフに、私と長男はうんうんと二人でうなずきながら見ていました。

 

『ありがとうっていえないと、つぎからクレヨンを貸してあげたく無くなっちゃうね。』クレヨンをかしてくれたのにお礼を言わなかった時の相手の気持ちを、子役の男の子が言います。

うんうんとうなずく私。

うーん?と首をひねる長男。

「ん?もしや長男、貸してあげたく無いっていう相手の気持ちがわからないの?」

空気をよむのは苦手なタイプとは思っていたが、ここまでだったとは!私はひそかに衝撃を受けていました。こんな当たり前なことがわからないとは!

 

長男は私の問いかけに「うん。」とうなずいて言いました。

「だって、困っているなら助けてあげるのがあたりまえでしょ?お礼を言われても言われなくても、困っていたら僕なら次もふつうに貸すけど。」

 

「…たしかに。困っていたら貸してあげるのが当たり前だね。」

私はひそかに衝撃を受けていました。長男は私たち大人が想定していた以上に親切だったのです。もしかしたら、長男だけでなく、長男の日常では当たり前なのかもしれません。そうだったら、なんて世界は親切なのでしょうか。

 

「でも、長男はお友達から何か借りたらありがとうって言うんだよ。」

もしかしたら、ありがとうの存在自体が希薄なのかもしれないと思い、そんな事を私が言ってみると、長男はサラリと答えました。

「ボク言ってるよ。借りたらありがとうって言いうのは、あたりまえじゃん。」

長男の住む世界は親切でした。

 

一般社会の当たり前って、一体だれが決めているのでしょうね。

これからも私の当たり前とちがくても、一度は中身を確認してみようと思った出来事でした。これが案外むずかしい。。。

 

f:id:komagomepipette:20200523025359j:plain

 

プライバシーポリシー お問い合わせ